作業員

地盤調査で安心を買おう|地盤沈下を防ぐ方法

家の安全を守る調査を知る

男女

地質調査と地盤調査は本来異なるものですが、現在では同じものとして扱われ、私達の命を守るために役立てられています。住む家やマンションがその重みで崩れてしまったり、地盤が沈下することが起こらないように、専門の方による何重ものチェックが行われています。

詳細

地盤の調査をして安心生活

メンズ

住宅を建てる際に行う調査

平らに見える地盤でも場所によっては地盤の構造が違う為、その上に建物を建てる事で不揃いに沈下をしてしまい新居が傾いてしまう危険性があります。そうならないように行うのが地盤調査であり、建物を建てる際には必ず行い地盤の弱い所は強化する必要があります。軟弱地盤は低地に多く発生しますが、この理由として長年に渡り四方から雨水が流れ込んだり、地下水がある事によって地盤が弱くなってしまいます。地盤が弱くなった場所には盛土をする必要がありますが、盛土の重さは建物よりも重くなるので、土の重さだけで圧密沈下を起こす可能性があります。地盤が良好だと思われる高台でも、斜面に造成する事によって締固めが不十分になりバランスが悪くなってしまう可能性があります。

試験を行い適切な処置

地盤調査を行う方法として、スウェーデン式サウンディング試験があり、100kgの重りの力を利用してねじ状の先端部を地盤へ押し込んでいきます。この時の半回転数を測定する事で、地盤の硬さを知る事ができ地盤改良の方法や適した対策方法を検討する事になります。マンションの地盤調査にはボーリング貫入試験を使用する事が一般的であり、硬い地層が5m以上連続する支持層を探します。地盤調査によって支持力が弱いと判断された場合には、地盤改良を行ってしっかりとした住宅用の地盤にする必要があります。軟弱地盤の層が浅い場合には表層改良を行い、2mから8mほどの軟弱地盤の場合には柱状改良によって地盤改良を行います。更に深い軟弱地盤には鋼管杭を地中に打ち込み地盤改良を行って、マンションなどの大型構造物でも耐久出来るように対策を行う必要があります。

地盤調査の重要性

ショベルカー

住宅新築の際には、土地の地盤調査が必要になる場合が少なくありません。地盤調査の方法には表面波探査法やスウェーデン式・ボーリング式などもありますが、道路舗装にも使われる平板載荷試験は信頼性の高い方法です。平板載荷試験は地盤に直接荷重をかけて調べる方法で、信頼できる業者に依頼すれば安心できます。

詳細

井戸のメンテナンス

井戸

井戸工事を行っておけば、しばらくの間は庭木の散水や消雪パイプなどとして多くの地下水を無料で活用することができます。しかし定期的にメンテナンスをしておかないと井戸が砂で詰まってしまう事もあるため、心配な時には定期メンテナンスを心掛けましょう。

詳細