女の人

地盤調査で安心を買おう|地盤沈下を防ぐ方法

地盤調査の重要性

ショベルカー

地盤調査の種類

住宅を新築したり改築したりする際には、土地の地盤調査が必要になる場合も少なくありません。土地の地盤は住宅の耐震性にも大きく影響するため、脆弱な地盤と診断された場合は改良工事が必要になるのです。十分な地盤調査をせずに家を建て、後から地盤が弱いという事実が発覚して問題となるケースもあります。一般的な住宅の地盤調査には、いくつかの方法が挙げられます。起振機を使って地盤の状態を調べる表面波探査法は、費用が高額なわりに精度がそれほど高くないと言われています。広く普及しているスウェーデン式サウンディング試験は、費用が安い点がメリットです。適切に実施されれば信頼できるデータも得られますが、業者によって精度に差が見られます。標準貫入試験と呼ばれるボーリング調査もよく使われる地盤調査の方法です。精度と信頼性の高い方法ですが、費用も高くなる点に難があります。道路の舗装工事などの際に実施される平板載荷試験は、簡易建物や擁壁などの地盤調査にもよく使われる方法です。平板載荷試験は一般住宅の地盤調査でも精度の高いデータが得られるため、採用する業者が増えてきました。この他に土壌汚染調査や土質試験なども行われます。

正確な極限支持力度を

平板載荷試験は新築の戸建住宅からマンションのような大型建造物の建築まで、広く実施されています。直径30センチ以上の鋼製円盤にジャッキで荷重をかけ、沈下量を求めて支持力を測定する方法です。平板載荷試験から得られる極限支持力度や地盤反力係数・変形係数といった数値は、建物を支える地盤の強度を示します。このうちもっと重要なデータは、極限支持力度です。この数値が高いほど地盤が強いと診断され、それだけ耐震強度も高くなるのです。極限支持力度が低いと診断された場合は、地盤改良工事を実施して強度を高める必要が出てきます。平板載荷試験は地盤改良後の強度確認にもよく使われており、安心して長く暮らせる住宅の新築に欠かせません。平板載荷試験では試験に使用した載荷板の直径に対して、2倍の深さの地盤まで測定できます。それより深い地盤の強度を知るには、より直径の大きい載荷板を使用する必要があるのです。測定方法も業者によって異なるため、信頼できる業者に地盤調査を依頼することで精度の高いデータが得られます。地盤に直接荷重をかける方法だけに、技術力の確かな業者に平板載荷試験を実施してもらえば安心して家を新築できるのです。